バスケットボールを楽しもう

シュートが入る感触はクセになる

バスケットボールは楽しいスポーツ

バスケットのルールについて

バスケの細かなルールなどをご存知でしょうかね。昔は(10年くらい前までかな)、前半後半と2回を時間で分けて試合が行なわれていましたが、NBA方式を取り入れて4クォーター制になったのです。もちろん、間に休憩時間もあります。何分くらいなものですが、それは中高で違いがありますね。決着がつくまで延長もありますね
1チーム、5人一組のチームで、選手の交換は何度でもありです。ただ、反則ルールに触れると退場となるので、その選手はそれ以降は出場できなくなります。交換できる限り5対5の試合になりますね。

バスケのルールは簡単

バスケットボールは少し複雑なルールのように思えますが、はじめてみると楽しくなってくるので意外と簡単だと思います。試合をこなしていくと勝手に頭に入りますから。
近所の子供たちに教えることもありまして、彼らにはどんどん試合をさせることでルールを覚えさせるように仕込んでいます。何て言えばいいのか、習うより慣れろってところですかね。覚えるならゲームを中心に指導が一番良いと思いますね。

バスケのシュートは練習あるのみ

バスケのシュートが入るようになるには、ひたすら打ち込みという練習が必要だと思います。何千回、何万回といったレベルで練習すると、身体が勝手に覚えるような感じです。
足元のつま先から指先までを集中させて、常にゴールに入るイメージでシュート練習するのです。それを何万回とこなして体で覚えさせて、シュートの確立を高めていくのです。練習では簡単に打たしてくれますが、本番はディフェンスがいるので、簡単にはいきません。相手をかわす技術も必要です。ここでどれくらい身体がシュートタッチを覚えているかというところになるのです。どれだけ練習したかの差が出るものなのです。